大豆イソフラボンのチカラ (2)

 皆様、8月もあと1日となりましたが・・
いかがお過ごしですか⁉️
 
 今回は大豆イソフラボンの「効果と効能」について2日に分けてお話していきます❗️
 
 ☆効果と効能1
更年期障害の緩和
 
 大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た構造があり、女性ホルモンが減少してきた女性が
大豆イソフラボンを摂取することで、更年期障害の症状を緩和することができます。
 
 ☆効果と効能2
抗酸化作用
 
 大豆イソフラボンのひとつであるゲニステインには、強力な抗酸化作用があり
体内で発生した活性酸素を中和し、過酸化脂質の発生を抑制します。
 
 ☆効果と効能3
女性特有のガン予防
 
 乳ガン、子宮ガン、卵巣ガンの発生率は、大豆製品を多く摂取する日本や中国の方が
欧米よりも低いというデータがあります。
現在、大豆イソフラボンの摂取量とガンの発生率には大きな関係があると考えられています。
 
 ☆効果と効能4
糖尿病の症状改善
 
 糖尿病は血糖を下げるインスリンが不足することによって、持続的に高血糖がみられる慢性の病気です。
大豆イソフラボンは、Ⅱ型糖尿病への有効性が示唆されてされています。
 
 大豆イソフラボン、積極的に摂りたいですね🌾次回つづきをどうぞ、お楽しみに❗️
 
http://www.ginzalaverio.com
#銀座ラヴェリオ
#予防医学
#健康でいたい
#大豆イソフラボン
#大豆食品
#スーパーフード
#ソイループ
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物